東京で人妻風俗を探していると最近では色々なコンセプトを売りにした店を見かけます

最近では人妻ブームといいますか、AVのコーナーやコンビニの成人向け雑誌コーナーなど様々なところでよく見かけるようになり、人妻というジャンルは空前のブームを迎えています

 

芸能人でも、人妻好き芸人などの某番組で取り上げられるくらい人気が高いですよね。

例えば、お笑いコンビのピース綾部さんやオードリー春日さん。ロバートの秋山さんなど特に芸人の方に多いですよね!

 434930.jpg1100641F465067F77B702F046A66C3B9EA4467-BFA6-E8EE-6A04-07FCE2957B4F.jpg20120817_hujita_181.jpg

おかげで、熟女好き!というのも、今や隠す必要もないくらいに一般的に受け入れられる様な時代となりました。

 

しかし、何かとブームが来ると、それを分析しようとするのが日本人の悪いクセw

「熟女は包容力があり、なんでもやってくれて楽しそうだから・・・」などと分析する人が多数いました。

でも、これってホントですか?いやいや、、そんな簡単なもんじゃないですよ。

 

あの有名な加藤鷹さんがこんな名言を残していました。

「嫌いには理由があるが、好きには理由がない

 

m_2015-02-19_102752.jpg

そう、熟女が好きな理由なんてないんです。

ただただ、好きなんです!

 

そんな熟女ブームは何も世間だけで起こっている訳ではありません。

風俗店も例外ではなく、働く女性が実年齢よりもあえて年上に申告するいわゆる『逆サバ』も流行っていると聞きます。

 

1990年以降テレクラブームにより火がついた人妻による『不倫文化』

 

流行語を作るなど色々と世間を騒がせたのも記憶に新しいと思うが、最近の人妻ブームは少し違いファッションやヘアメイク、体型にお金や時間を費やすことができる女性が増え、いわゆる『美魔女』と言われる40代50代の女性が成熟した女の色気を放つ女性が増えたからではないだろうか。

 

 

風俗業界も女は若いほど価値があるという価値観から人妻のように成熟した女性を求め始めたといった見方を示している。

 

夫の稼ぎだけでは家計を維持できなかったり、借金を抱えているなどといった経済的な事情を持っていたりですが、最近多いのは、ブランドや美容にお金をかけたい方も多くなっています。とにかく理由はどうあれ、若い女性にはない気品さやふるまいなど『おもてなし』の部分では若い女性では到底かなわない良さがあり、人妻というジャンルはAVや風俗など各業界では重要なキーポイントだと言える。

 

 

 

東京の人妻風俗店も色々なジャンルで勝負するため増えてきていますがこの飽和状態でいかに生き残っていくか、このブームを乗り切るのか各お店の努力が楽しみですね。